筆者紹介

メニュー

Taka Arai

ロサンゼルス在住。広告業界を皮切りに、数々の映画会社の要職を歴任。現在は配給会社、Phaedra Cinemaの上級副社長を務める。インディー映画プロデューサーとしても活躍。.

赤尾美香

音楽誌「MUSIC LIFE」編集部を経て、97年よりフリーの音楽ライター(主に洋楽)に。アメリカのロックが好きで、現在はボブ・ディランの息子ジェイコブ率いるウォールフラワーズに夢中。音楽誌に映画やテレビに関する拙文を寄稿することも。

あずまゆか

アメリカでDJになろうと決意して82年に渡米。ニューヨーク在住。84年より映画記事を中心に雑誌等に寄稿。訳書に「刑事コロンボ」「刑事コロンボの秘密」「ジュリア・ロバーツ 恋する女神」がある。

阿部嘉昭

よろず評論家。立教大学での講義草稿集「精解サブカルチャー講義」が好評につきその続篇が出ることになりました。今回扱うのは、古屋兎丸(漫画家)・千原兄弟(お笑い)・高橋洋(ホラー)・椎名林檎・佐内正史(写真)の各氏。現代日本の才能を脱領域的に論じるこの本は、口語体ですごく読みやすいと思います。

有澤真庭

くもりときどき翻訳家、ところにより日本語先生。主な訳書に「アナと雪の女王」「ハッチ&リトルB」(竹書房刊)、字幕に「ぼくのプレミア・ライフ」(日本コロムビア)等がある。東京と加州サンタクルーズを行ったり来たりしている。

池田敏

67年東京生まれ。アメリカTVライター。雑誌「キネマ旬報」「SCREEN」「月刊BSfan」などに海外ドラマや映画に関する記事を寄稿。06年はロサンゼルスで「マイアミ・バイス」のマイケル・マン監督やTV「CSI」3部作の収録現場を取材できたのが自慢。

伊藤聡

ブロガー。映画や海外文学を中心に多くの文章を発表している。著書に『生きる技術は名作に学べ』(ソフトバンク新書)がある。

市山尚三

63年生まれ。大学卒業後松竹に入社。映画製作、洋画配給等に関わると共に東京国際映画祭の作品選定委員をつとめる。98年、松竹を退社し、(株)ティーマークに入社。

岩井田雅行

映画もテレビも区別なく見てきたおかげで、海外ドラマ研究家の肩書きあり。「刑事コロンボ」「シャーロック・ホームズの冒険」などの研究書の翻訳、米ドラマ界の仕組みを書いた著書「ここまで知れば面白いアメリカンTVドラマ120%ガイド」がある。

宇田川幸洋

映画評論家。50年東京生まれ。日本経済新聞の金曜夕刊、キネマ旬報に書いてます。著書「無限地帯-from Shirley Temple to Shaolin Temple」(ワイズ出版)を出してから、ちょうど10年。

ヴィヴィアン佐藤

美術家、非建築家、映画批評家、プロモーター、ドラァグクイーン、と様々な顔を持つ。ジャンルを横断していき独自の見解で「現代」を乗りこなす。作品製作のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇、ライヴなど、単なる受け取る側としてではないプロモーション活動も展開。

牛津厚信

映画ライター。77年長崎生まれ。明治大学を卒業後、某映画専門放送局の勤務を経てフリーに転身。クリエイティブ・マガジン「EYESCREAM」や「パーフェクトムービーガイド」などでレビュー執筆やインタビュー記事を手掛ける。またイギリス文化をこよなく愛し、その背後にある歴史や精神性を読み解くことをライフワークとしている。

宇野維正

映画ジャーナリスト、音楽ジャーナリスト。洋楽誌、邦楽誌、映画誌の編集を経て、現在は「MUSICA」「クイック・ジャパン」「GLOW」「BRUTUS」「装苑」「ナタリー」などを中心に各メディアで執筆。

江戸木純

映画評論家。「週刊現代」「キネマ旬報」「映画秘宝」等への執筆の傍ら、配給プロデューサーとして『ムトゥ 踊るマハラジャ』などの名作、怪作、珍作を日本に紹介。また、『王様の漢方』、『丹下左膳・百万両の壺』では製作にも進出、脚本も手掛けた。著書に「地獄のシネバトル」、共著に「映画突破伝」、「バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争」等がある。

衿沢世衣子

マンガ家。東京生まれ。「Satoshio」(講談社)「ちづかマップ」(小学館)など。
イギリス映画とスパニッシュホラーが好き。

大口孝之

立体映画研究家。59年岐阜市生まれ。日本初のCGプロダクションJCGLのディレクター、世界初のフルカラードーム3D映像「ユニバース2~太陽の響~」のヘッドデザイナーなどを経てフリー。NHKスペシャル「生命・40億年はるかな旅」のCGでエミー賞受賞。「映画テレビ技術」等に執筆。代表的著作「コンピュータ・グラフィックスの歴史」(フィルムアート社)。

大久保賢一

50年生まれ。映画評論家。大学時代に映画上映と16ミリ映画製作の活動を始め、80年代から海外の映画祭に日本の若手の映画を紹介することを続け、各地の映画祭審査員もつとめる。著書は絶賛発売中の「カルチャースタディーズ:二極化する世界映画」(朝日出版社)ほか。多摩美術大学講師。

大場正明

映画評論家。映画だけでなく、政治、音楽、文学と、特にアメリカン・カルチャーに詳しく「SWITCH」「Esquire」「中央公論」等で活躍中。著作は「サバービアの憂鬱」(東京書籍)等。

大林千茱萸

映画感想家。8歳頃から「キネマ旬報」に映画の感想文を投稿し、そのまま《感想家》に。各種媒体に執筆。テレビ「トゥナイト2」出演中。映画祭のコーディネート、レッド・ホット・チリペッパーズにビデオカメラマンとして雇われたり、フランス料理教室も主宰する多重人格者。

大森望

SF、小説、映画、ゲーム、インターネットなどなどの評論、翻訳でおなじみ。「SFマガジン」「月刊ASCII」「本の雑誌」などあちこちの連載でも活躍中。

おかむら良

映画評論家。女性週刊誌の記者から、映画評論家に。ヒロインをしっかり描いた作品にこだわって見ている。好きな俳優はショーン・ペン。主な著書に「ハリウッドの個性派37人」(近代映画社刊)、「地獄の上の花見かな~“日本人とは何か”を追い続けた映画監督・篠田正浩の映像世界」(光文社刊)がある。

荻原順子

映画ジャーナリスト。LA在住。「キネマ旬報」「スクリーン」「この映画がすごい!」「TV Taro」等にハリウッド情報を連載中。LAで会ったチョウ・ユンファに中国人だと確信されたか、いきなり“ニイハオマ~”と挨拶された珍しい日本人です。

垣井道弘

映画評論家。邦画、洋画の区別なく好きなのは社会派や人間ドラマ。映画の魅力にとりつかれ、80年代から撮影現場の密着ルポや評論を多く手がける。主な著書に「今村昌平の製作現場」(講談社)「ハリウッドの日本人」(文藝春秋)「緒形拳を追いかけて」(ぴあ)などがある。

加藤賢祟

CM、映画、コンピュータ、音楽から「いぬちゃん」まで、とにかく幅広い活動を展開するクリエーター。

がっちゃん

がっちゃん。韓国の人。東方神起様様の絶大なる人気に便乗し、持ち前の変態度合いが人様にウケてブログが何だか知らぬうちに物凄い事になってしまったが、(開設1年ちょっとで累計訪問者数3000万?)実際はただの平和主義でマニアックな大学院生。大統領との通訳をしたり、大学の生徒会役員を勤めたりなど、韓国内でもかなり幅広い経歴の持ち主ではあるが、実際は部屋にひきこもってアニメ鑑賞やラジオを聴いてる瞬間が一番心休まる人。東京外大に交換留学してた頃は、貴重な時間を「男はつらいよ」を見ることに全て費やして帰国した人。昭和ヲタク。

川口敦子

映画評論家。著作に「映画の森―その魅惑の鬱蒼に分け入って」(芳賀書店)、訳書には「ロバート・アルトマン わが映画、わが人生」(キネマ旬報社)などがある。

川勝正幸

エディター&ライター。

河原畑寧

34年生まれ。映画評論家、日本大学芸術学部映画学科講師、日本映画ペンクラブ代表幹事。翻訳「オーソン・ウェルズ 半生を語る」(キネマ旬報社)ほか。

北小路隆志

映画評論家、京都造形芸術大学准教授、東京国立近代美術館フィルムセンター客員研究員。映画評を中心に「朝日新聞」「装苑」などで執筆している。主な著書に「王家衛的恋愛」(INFASパブリケーションズ)、「映画の政治学」(青弓社、共著)、「ゼロ年代+の映画」(河出書房新社、共著)他。

木村満里子

東京生まれ。小学生の頃から名画座に入り浸る日々を経て、映画評論の道へ。世界各国の放浪体験や、テロ、戦争、飢餓を経験した不運な人生が、今になって映画を深く理解する糧になっているのが強み(?)の映画批評家。

清藤秀人

アパレルメーカーから映画ライターに転身。TVガイド、TV TARO、TV Bros等にレビューやインタビューを執筆。著書としてファッションの知識を生かした「オードリーに学ぶおしゃれ練習帳」(近代映画社)「FUNNY FACE」(マガジンハウス)他。

金原由佳

映画ジャーナリスト。著書に映画評論集「ブロークン・ガール」(フィルムアート社)など。「アクターズ・ファイル妻夫木聡」「アクターズ・ファイル永瀬正敏」(共にキネマ旬報社)のロングインタビューを担当。日本映画の黄金期を支えた美術監督たちのアートワークを紹介する「伝説の映画美術監督たち×種田陽平」(スペースシャワーネットワーク)の構成・執筆も手掛ける。

日下部行洋

雑誌編集者。アート系に加え邦画(特に旧作)にも理解を示し、ひいては旅館、日本料理、骨董等にも造詣が深い。ライフワークは世界各地のボウリング場巡り。ベストスコア202。

くれい響

71年生まれ。映画評論家。クイズ「カルトQ」で優勝後、バラエティ番組を制作。その後、「映画秘宝」(洋泉社)編集部からフリーに。「この映画がすごい!」(宝島社)など映画・情報誌のほか、劇場パンフ(最近は『ボーン・スプレマシー』『インファナル・アフェアII 終極無間』など)に寄稿。

九龍ジョー

ライター、編集者。「キネマ旬報」「BRUTUS」「Quick Japan」「KAMINOGE」「週刊SPA!」ほか各種雑誌・パンフに寄稿。編集した単行本も多数。著書に「メモリースティック ポップカルチャーと社会をつなぐやり方」(DU BOOKS)など。

小泉すみれ

ドラマ評論家。コラムニスト。年間2000時間以上をドラマ視聴に捧げている。雑誌、インターネット等でドラマ評、エッセイを執筆。

小西未来

71年生まれ。LA在住のフィルムメーカー。CUTにて「映画の『科学と学習』」「ハリウッド通信」連載中。翻訳小説「ウォールフラワー」(スティーヴン・チョボウスキー著 角川書店)が4月下旬発売。「ガール・クレイジー」(ジェン・バンブリィ著 河出書房新社)もよろしく。

小林礼子(のりこ)

通訳、翻訳、レポーター。中3の夏期講習代をすべて名画座通いにつぎ込んで、1カ月で映画60本を見たことが今も自慢。ゲイリー・オールドマン命です。

齋藤智輝

大阪生まれ。フィレンツェ在住。道路にチョークとパステルで絵を描くストリート・アーティスト。00年世界路上絵フェスティバル(イタリア・マントバ)で最優秀賞受賞。

斉藤守彦

1961年生れ。映画業界紙記者(後に編集長)を経験した後、映画ジャーナリストとして独立。「日本映画、崩壊」「宮崎アニメは、なぜ当たる」「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」など映画ビジネス系の著書の他、「宇宙船」「スターログ日本版」、ウェブ「アニメ!アニメ!」などで特撮・アニメ関係の文章も手がける。

酒井順子

66年東京生まれ。立教大学卒。高校在学中からコラムニストとして雑誌に連載をはじめ、以後、大学生、会社員時代も二足のわらじを履きこなし、現在は執筆業に専念。「煩悩カフェ」「観光の哀しみ」「少子」など著書多数。近作は「容姿の時代」(幻冬舎)。好きな映画は「アダムス・ファミリー」「オースティン・パワーズ」など。

堺三保

63年生まれ。仕事の多い順にSF設定屋、脚本家、評論家、小説家。アメコミ蒐集歴はもうすぐ20年。貯めに貯めたアメコミも広げる場所がなく、段ボールに積めて死蔵中。

猿渡由紀

女性誌編集部の映画担当を経て渡米。ロサンゼルスをベースに、映画スターや監督のインタビュ-記事、ハリウッド業界コラムなどを日本の雑誌や新聞に執筆する。週6日早朝ヨガに通うため午前5時すぎに起きる、ライターには珍しい朝方人間。

佐々木俊尚

1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。毎日新聞社社会部、月刊アスキー編集部を経て、2003年に独立。以降フリージャーナリストとして活動。2011年、著書「電子書籍の衝撃」で大川出版賞を受賞。近著に「レイヤー化する世界―テクノロジーとの共犯関係が始まる」(NHK出版新書)など。

佐藤久理子

パリ在住。編集者を経て、現在フリージャーナリスト。映画だけでなく、ファッション、アート等の分野でも筆を振るう。「CUT」「SPUR」等でその活躍を披露している。

サトウムツオ

61年生まれ。スコセッシ&イーストウッドを崇める映画伝道師。「TOKYO WALKER」「POPEYE」などにコラムを執筆。

佐藤友紀

フリーライター。ピーター・ブルックやピナ・バウシュなどの新作舞台の追っかけもしています。

佐野亨

1982年東京都生まれ。編集者・ライター。編集を手がけた書籍に「90年代アメリカ映画100」(芸術新聞社)、「アジア映画の森/新世紀の映画地図」(作品社)、文藝別冊「タモリ」(河出書房新社)など。好きな監督はニコラス・ローグ、好きな女優はシェリー・デュヴァル。

サラーム海上 Salam Unagami

よろずエキゾ風物ライター/DJ/中東料理研究家
中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンをフィールドワークし続ける。著書に「おいしい中東 オリエントグルメ旅」(双葉文庫)、「21世紀中東音楽ジャーナル」(アルテスパブリッシング)ほか。
朝日カルチャーセンター新宿校の講師やNHK FM「音楽遊覧飛行 エキゾチッククルーズ」ではナビゲーターを務める。www.chez-salam.com

芝山幹郎

48年金沢市生まれ。東京大学仏文科卒。映画やスポーツに関する評論のほか、翻訳家としても活躍。著書に「映画は待ってくれる」「映画一日一本」「アメリカ野球主義」「大リーグ二階席」「アメリカ映画風雲録」、訳書にキャサリン・ヘプバーン「Me――キャサリン・ヘプバーン自伝」、スティーブン・キング「ニードフル・シングス」「不眠症」などがある。

清水節

62年東京生まれ。編集者/映画評論家。「PREMIERE」「STARLOG」「Dramatic!」他の執筆・編集を経て、「映画.com」「FLIX」他での執筆、ノベライズ編著などを手掛ける。「J-WAVE東京コンシェルジュ」「BSジャパン シネマアディクト」「BSフジ映画大王」他に出演。海外TVドラマ『GALACTICA/ギャラクティカ』の日本上陸を働きかけ、DVDクリエイティブディレクターとして制作宣伝にも当たった。

品川信道

50年生まれ。青森県弘前市在住。サッカーレフェリー、市民ランナー、地元での上映活動の傍ら、地元紙「陸奥新報」に映画時評・映画レビューを掲載。2週替わり3本立ての成人映画専門館「弘前テアトル劇場」に通い続け、過去には「映画芸術」誌に「バニシング・ピンク」を連載した。

杉谷伸子

映画評論家、若手男性スターを発掘する眼力には定評あり。また、英・仏等、新世代のヨーロッパ映画にミーハーなスタンスで接する変わり種。現在は「Hanako」等、女性誌を中心に活動中。

杉本穂高

アミューあつぎ映画.comシネマ副支配人。中学時代部活を引退したあと、ヒマを持て余して映画にハマる。高校時代は学校にいるより、映画館にいる時間の方が長かった。ハリウッド映画も日本映画もヨーロッパ映画もアジア映画も古典も実験映画もアニメも何でも好き。
ブログも書いてます:Film Goes With Net

鈴木元

映画ジャーナリスト。1967年、愛知県名古屋市生まれ。スポーツ新聞の映画担当記者などを経てフリーに。「映画ビジネス」「井上公造芸能」「キネマ旬報」などで取材・執筆活動を展開。映画情報アプリ「myシアター」の編集長も務める。

グレゴリー・スター

元「プレミア日本版」編集長。70年に渡日。建設作業員や幼稚園の先生、バンドマネジャーなど、さまざまな職を体験。映画関係の初仕事は「男はつらいよ」シリーズの英語吹き替え版の声(さくらの夫・博役)。

瀬々敬久

60年大分県生まれ。獅子プロダクションで助監督を経て、『課外授業 暴行』(89)で商業映画監督デビュー。最近作に『ドキュメンタリー 頭脳警察』(09)、『ヘヴンズ ストーリー』(10)、『アントキノイノチ』(11)。

添野知生

SF映画評論家。「SFマガジン」「STARLOG」「映画秘宝」など。毎月はりきって書いている「SFマガジン」の映画評連載が02年末で5年目に突入。知られざる新作SF映画に関する、世界一詳しくて役に立つページを目指しています。

高崎俊夫

54生まれ。ライター・編集者。「キネマ旬報」「CDジャーナル」「ジャズ批評」などに寄稿。映画関係の単行本を手がける。最近では「タデ食う虫と作家の眼 武田泰淳の映画バラエティブック」「女の足指と電話機――回想の女優たち」(虫明亜呂無、清流出版)、「テレビの青春」(今野勉、NTT出版)がある。

高野裕子

ロンドン在住。音楽、映画、コンテンポラリー・アートから建築、旅、食、子育てと執筆分野はバラエティに富む。TVインタビューやラジオ・リポートもこなす。

高橋諭治

純真な少年時代にホラー、スリラーものを見過ぎて人生を踏み外した映画ライター。「ウィークリーぴあ」「ヴァンテーヌ」などでお仕事中。

高橋良平

SF映画研究家。伝説のSF雑誌初代「STARLOG」編集者を経て、SFの書評、映画評を執筆。編集者としても「ジェームス・キャメロンの映像力学」(ビクターブックス)の編著、「MEAD GUNDAM シド・ミード『ターンエーガンダム』モビルスーツ・デザイン画集」(講談社)など、趣味の刊行物を世に送り出す。

高森郁哉

米国遊学と海外出張の経験から英日翻訳者に。ITニュースサイトでのコラム執筆を機に映画レビューも始める。日刊サイゾーに寄稿中。ローカルな映像プロジェクトにも携わる。

滝本誠

評論家。著書に「きれいな猟奇」(平凡社)、「渋く、薄汚れ ノワール・ジャンルの快楽」(フィルムアート社)他。現在、<ジャズ+映画>本、<アメリカ美術>の新書書き下ろし準備中。

立田敦子

映画評論家。カンヌやベネチアなど国際映画祭に参加し、映画界のトレンドもレポート。「フィガロ ジャポン」「エスクァイア日本版」「ヴォーグニッポン」など多数の雑誌に映画評、インタビュー等を執筆。

田沼雄一

映画評論家。代理店勤務を経てフリーに。インタビューで活躍する一方、ハリウッドのスポーツ映画や新旧の邦画にも詳しい。「映画を旅する」(小学館)「日米野球映画キネマ館」「スポーツ映画キネマ館」(報知新聞社)などの著作がある。

田畑裕美

エディター/ライター。婦人画報社、エスクァイア日本版を経てフリーに。「ハーパース・バザー」の映画・文学担当のかたわら、「エスクァイア」「プレミア」などに執筆。映画と旅のドッキング記事が得意。

戸部浩史

お子様向け雑誌から素人映画の脚本まで手広くライトにやっつけ中の自由文筆屋。ゲーム誌編集者時代には「TVチャンピオン」優勝の過去アリ。CS放送「東映チャンネル」をこよなく愛す74年生まれ。

戸井十月(とい じゅうがつ)

1948年、東京生まれ。イラストレーター、ルポライターを経て作家に。映像ディレクターとしてドキュメンタリーの制作も。オートバイで世界中を旅し、50カ国以上、25万km以上の道程を走り抜けてきた。現在、「五大陸走破行」を実行中。2009年はユーラシア大陸を横断する。近著に「ゲバラ最期の時」(集英社)。

遠海安(とおみ・あん)

全国紙記者を経てフリー。インドネシア(ジャカルタ)2年、マレーシア(クアラルンプール)2年、中国広州・香港・台湾で計3年在住。中国語・インドネシア(マレー)語・スワヒリ語・英語使い。「映画の森」(http://eiganomori.net/ )主宰。

鴇田崇

総合映画情報サイト「映画生活」の初代編集長を経て、フリーのライター、インタビュアーに。現在の守備範囲は映画、お笑い、グラビアアイドルなど。マスコミ側のくせに“全米が泣いた!!”などの安いコピーに容易に踊らされてしまう35歳。

冨谷洋

旧「STARLOG」編集を経て、フリーランスのSF、ホラー、アクション映画のライターに。専門はSF、趣味はお酒とネオ・ハードボイルド。

中子富貴子

レニングラード留学中にゴルバチョフが失脚し、国の名前がロシア、街の名前がサンクトペテルブルグに変わる。帰国後、ロシア専門旅行社に勤務しながらロシア映画の情報収集にいそしむ。でも、一番好きなのはジャッキー・チェン。

中島由紀子

ロサンゼルス在住ほぼ30年。この間集英社の「ロードショー」誌現地記者として寄稿。現在は「ロードショーオンライン」でハリウッド映画とスター&監督のもろもろをリポートしてます。ハリウッド外国人記者協会会員なのでゴールデン・グローブ賞にも関わってます。

中山治美

映画ジャーナリスト。スポーツ紙記者からフリーに。映画の撮影現場からカンヌ、ヴェネチア映画祭などを取材。「デイリースポーツ」「ロードショー」「日本映画navi」などで執筆中。

新元良一

ニューヨーク在住。映画のみならず、英米文学やジャズ等にも造詣が深く、各界の著名人とのインタビューも多くこなすほか、都市を取材したレポートにも定評がある。「Esquire」「本の雑誌」「ダ・ヴィンチ」等に執筆中。

西部謙司

62年東京生まれ。小学生時代にテレビでベッケンバウアーを見て感化され、以来サッカー一筋。早稲田大学卒業後、商社勤務を経てサッカー専門誌の編集記者となる。95-98年はパリに在住し欧州サッカーを堪能。主な著作に「Eat foot おいしいサッカー生活」「イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く」など。

はせがわいずみ

映画紹介プロを目指し、ロサンゼルス・シティ・カレッジ映画学科に留学。日本とアメリカ両国の媒体に映画情報やスターの写真、インタビューを提供するジャーナリスト・TVレポーター・カメラマンとして活躍。現在はHollywood News Wireを立ち上げ、代表を務める。

馬場敏裕

タワーレコード渋谷店のサウンドトラック担当。映画と音楽の橋渡し役として、サントラのライナーノーツも多数執筆。同店で行われるイベントも多く手がけ好評を呼んでいる。

林田直樹

音楽評論家・ジャーナリスト。「音楽の友」「レコード芸術」編集部を経てフリー。音楽誌、一般誌に寄稿するほか、最近ではTBSラジオが運営するクラシック音楽専門局OTTAVAのプレゼンターとして火・水・木の夜6時からの生放送に出演。

樋口泰人

映画評論家。ビデオ、単行本、CDなどを製作・発売するレーベル「boid」を98年に設立。著書に「映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか」、編著に「ロスト・イン・アメリカ」など。

平沢薫

映画系ライター、UKミーハー、オモチャ好き、ポップ音楽愛好者、SFファン(順不同)。「STARLOG」とか「BSfan」とか12月に出た「BRUTUS」映画特集号とかで書いてます。

藤原ようこ

青山学院短期大学英文学科卒。J・W・トンプソンを経て、フリーに。90年、BONANZA設立。快適な商品や空間、イベント、プロジェクトに文案家(プランナー+コピーライター)として参加。編集、映画愛論、作詞・訳詞も手がける。

星野一樹

76年生まれ。編集者。後藤繁雄事務所を経てフリーに。“馬車馬のように働く”がモットー。バーリ・トゥード、断食、バリー・ギフォード、テクノ、チャップマン兄弟など割に男の子系カルチャーが得意。「Esquire」などで執筆中。

町山智浩

62年生まれ、サンフランシスコ在住。特殊編集者&映画評論家。別名ファビュラス・バーカー・ボーイズのウェイン町山。膨大な知識を生かし、編集主幹としてヒットシリーズ「映画秘宝」を企画。主な著書は「アメリカ横断TVガイド」「<映画の見方>がわかる本」(いずれも洋泉社)など。

真鍋祐子

63年生まれ。東京大学東洋文化研究所准教授。朝鮮研究を専門とし、光州事件など韓国の民主化運動にかかわる論著を多数発表、しかし映画評は今回が初めて。「光州5・18」のパンフレットにコラムを執筆。著書に「光州事件で読む現代韓国」(平凡社、2000年)など。

真魚八重子

映画著述業。「映画秘宝」「キネマ旬報」に執筆するほか、共著に「滝汗! サスペンス映画100」「金田一耕助映像読本」等多数。現在、青弓社WEBで連載していた「映画系女子がゆく!」の単行本化に向け作業中。

松久淳

まつひさあつし。編集者。著書・共著に「うつしいろのゆめ」「男の出産」「天国の本屋」「吹替映画大事典」「美」ほか。

マフィア梶田

二次元とゾンビをこよなく愛するフリーライター。主にゲーム・アニメ系の記事や脚本を執筆するかたわら、ラジオパーソナリティやイベントMCとしても活躍中。そのほか、ゲームサイト「4Gamer.net」のCMを制作したり、映画「Wonderful World」には“龍興”役で出演するなど、何が本業なのかよく分からない人になっている。

三留まゆみ

東京生まれ。高校時代に「ファントム・オブ・パラダイス」を観て天の啓示を受ける。自主映画を経てイラストライターに。育ての親は元気だったころの「宝島」で、初代担当編集者がウェイン町山、2代目がガース柳下。ふたりの最新刊「ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判2」(洋泉社)のカバー描いてます。

ミルクマン斉藤

63年京都生まれ。グルーヴィジョンズ、映画評論家。映像誌「ウィアード・ムーヴィーズ・ア・ゴー!ゴー!」責任編集者。執筆活動の他、全国各地でトーク・ショウもこなすピンク・スーツの怪人。

村上健一

70年大阪府生まれ。95年、就職を機に上京。ギャガ・コミュニケーションズ、eiga.com、エスピーオーを経て、05年よりフリーランス活動を開始。雑誌編集者、Webディレクター、ライターとして、映画ネタを中心にお仕事展開中。今年06年は富士山に2回登りました。

村山章

71年生まれ。映像編集を経て映画ライターとなり、「SPA!」「OCEANS」「DVD&ブルーレイでーた」などに執筆。漫画家・しりあがり寿が監督を務めたネット映像シリーズ「寸志でございます」では、プロデュース、撮影、編集などを担当した。

森直人

映画批評、ほかライター業。71年、和歌山生まれ。著書に「シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~」(フィルムアート社)。編著に「21世紀/シネマX」「日本発 映画ゼロ世代」(フィルムアート社)などがある。

森山京子

青森市出身。アナウンサー、DJ、テレビドラマのプロデューサーを経て映画評論家に。「Luci」「週刊SPA!」「Premiere」などに映画レビューを執筆している。趣味は料理で、美味しい場面がある映画に弱い。

矢崎由紀子

「自分が気に入った映画をひとりでも多くの人に見てもらうこと」を日々の目標に、ウン十年間地味に原稿を書き続けている映画評論家。趣味はネイサン・レインの舞台の追っかけ。ミュージカル「プロデューサーズ」の初演を十回観たバカは私です。

山崎まどか

70年東京生まれ。主な著書に「女子映画スタイル」(講談社)「女子とニューヨーク」(メディア総合研究所)「ハイスクールU.S.A.」(共著、国書刊行会)。

柳下毅一郎

特殊翻訳家。映画評論家。またの名をファビュラス・バーカー・ボーイズのガース柳下。近著に「世界殺人ツアー」(原書房)、「愛は死より冷たい」(洋泉社)等。「Esquire」「TV Bros.」等に映画評、書評を連載。

山縣みどり

映画ライター。ロマンチックコメディと青春映画をこよなく愛する30代。最近は胸をトキメカせてくれる若い俳優がいなくって、ちょっとクサッてます。

山口直樹

キューブリックを愛する映画ライター。実は、長年、ツチノコなどの未知生物を追い続けている、超自然現象ライターとしても活躍中。その原稿は「DIME」「テレパル」そして「ムー」などで読むことができる。

湯山玲子

著述家、ディレクター。 著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(ワニブックス)、『ビッチの触り方』(飛鳥新社)など。日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。http://yuyamareiko.typepad.jp/

若林ゆり

映画ジャーナリスト。タランティーノとはマブダチ。「ブラピ」の通称を発明した張本人でもある。「BRUTUS」「GINZA」「ぴあ」等で執筆中。

鷲巣義明

映画文筆家。雑誌、書籍、DVDブックレットなどに執筆。主な著書に「ホラーの逆襲/ジョン・カーペンターと絶対恐怖監督たち」「デストピア聖典/SF&ホラー映画の黙示録」(以上、フィルムアート社)などある。

渡辺いさ子

「3度のメシより4度のメシが好き」なライター。東京都出身、映画宣伝の仕事を経てフリーに。雑誌を中心に執筆するほか、「映画ナビゲーター」の肩書きでラジオ出演、イベント司会を行っている。

このページの先頭へ