コラム : 21世紀的亜細亜電影事情

ホーム > コラム > 21世紀的亜細亜電影事情
メニュー

コラム:21世紀的亜細亜電影事情

第18回:インドネシア映画の今(2) 警官コメディー「ワルコップ」動員記録を更新、映画館を席巻

2016年10月28日更新
インドネシア映画の今(2) 警官コメディー「ワルコップ」動員記録を更新、映画館を席巻

 インドネシアでこの秋、歴代観客動員記録を大幅に塗り替える大ヒット作が飛び出した。警官ナンセンス喜劇「Warkop DKI Reborn: Jangkrik Boss! Part 1(原題)」だ。国産映画として過去最大のヒットを記録した「虹の兵士たち」(原題:Laskar Pelangi、リリ・...「全文を読む」

18件を表示

筆者紹介

遠海安

遠海安(とおみ・あん)。全国紙記者を経てフリー。インドネシア(ジャカルタ)2年、マレーシア(クアラルンプール)2年、中国広州・香港・台湾で計3年在住。中国語・インドネシア(マレー)語・スワヒリ語・英語使い。「映画の森」主宰。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi