「チェイサー」「アパートの鍵貸します」 : 芝山幹郎 テレビもあるよ

ホーム > コラム > 芝山幹郎 テレビもあるよ > 「チェイサー」「アパートの鍵貸します」
メニュー

コラム:芝山幹郎 テレビもあるよ - 第8回

2010年9月28日更新

映画はスクリーンで見るに限る、という意見は根強い。たしかに正論だ。フィルムの肌合いが、光学処理された映像の肌合いと異なるのはあらがいがたい事実だからだ。

が、だからといってDVDやテレビで放映される映画を毛嫌いするのはまちがっていると思う。「劇場原理主義者」はとかく偏狭になりがちだが、衛星放送の普及は状況を変えた。フィルム・アーカイブの整備されていない日本では、とくにそうだ。劇場での上映が終わったあと、DVDが品切れや未発売のとき、見たかった映画を気前よく電波に乗せてくれるテレビは、われわれの強い味方だ。

というわけで、2週間に1度、テレビで放映される映画をいろいろ選んで紹介していくことにしたい。私も、ずいぶんテレビのお世話になってきた。BSやCSではDVDで見られない傑作や掘り出し物がけっこう放映されている。だから私はあえていいたい。テレビもあるよ、と。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「チェイサー」

画像1 (C) 2008 Big House/ Vantage Holdings. All Rights Reserved. [拡大画像]

夜のショットが多い。雨の場面も多い。題名にたがわず、主人公ジュンホ(キム・ユンソク)が不気味な殺人鬼のヨンミン(ハ・ジョンウ)を追跡するシーンも印象に残る。

ふたりは走る。ソウル西部の斜面に位置するマポ区マンウォンドンの狭い坂道を全力で疾駆する。長いシーンだ。合成や特撮を使わない追跡シーンだ。息を切らしたジュンホの肩から背中にかけて、逆三角形の汗じみが黒々と浮き上がる。

チェイサー」は苛酷な映画だ。濃くて黒くて情念がむきだしで、話に救いはない。

元警官のジュンホは、小さなエスコート・サービス(デリヘルという日本語が汚らしいのでこう呼ばせてもらう)を経営している。

ある夜、彼のもとで働くミジン(ソ・ヨンヒ)という女が客の呼び出しを受けたあと、姿を消す。女を探しに出たジュンホは、とんでもない偶然で殺人鬼のヨンミンに遭遇する。ミジンを呼び出したのもヨンミンだった。

というわけで、「チェイサー」は犯人探しの映画ではない。犯人は最初から割れている。にもかかわらず、いったん逮捕された彼はふたたび野放しにされてしまう。警察が、笑ってしまうほど無能で愚かだからだ。監督のナ・ホンジンは、そこも容赦なく描き出す。

ジュンホはあきらめない。最初は商売を妨げられたことに対するささやかな腹立ちから出発した行動が、やがて損得抜きの執念と化していく。彼は走る。彼は追う。彼は戦う。だが、ジュンホはスーパーマンではない。ワイヤーアクションもカーチェイスも火薬の爆発も、この作品には出てこない。それでも、映画は躍動する。スリラーの基本もしっかりと押えられている。観客は息を呑む。猟奇的な描写は少なくないが、描写の残酷さよりも映画を覆う空気の濃密さが上回っている。

_______________________________________________

チェイサー

WOWOW 10月1日(金) 23:40~01:46

英題:The Chaser
監督・脚本:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ
2008年韓国映画/2時間6分

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「アパートの鍵貸します」

シャーリー・マクレーン(左)とジャック・レモン。ワイルダーは本作でオスカー作品賞、監督賞、脚本賞を受賞 シャーリー・マクレーン(左)とジャック・レモン。
ワイルダーは本作でオスカー作品賞、監督賞、脚本賞を受賞
写真:AFLO [拡大画像]

この映画の公開時、監督のビリー・ワイルダーは54歳、主演のジャック・レモンは35歳だった。ふたりが組むのは、1年前の「お熱いのがお好き」につづいて2度目のことだ。

いまとなっては信じがたいことだが、その少し前まで、レモンは二流のコメディアンと見なされていた。芝居が大げさで、ついつい上滑りすることが珍しくなかったからだ。

が、「アパートの鍵貸します」のレモンは、完全に自分のペースをつかんでいる。お人好しで臆病だが、どこかずる賢くてちゃっかりしたエブリマン。レモンが演じた主人公バドを要約すると、およそこんな感じになる。

保険会社の平社員バドは、マンハッタンのアッパーウェストのアパートに住んでいる。だが彼は、好きなときに部屋に戻れない。複数の上役にときおり部屋を又貸ししているからだ。上役たちは、アパートをラブホテル代わりに使う。バドはその見返りに、社内での評価を上げてもらおうと目論んでいる。

そこでバドのじたばたがはじまる。といいたいところだが、事態はもう少しややこしい。彼が好意を寄せるフラン(シャーリー・マクレーン)と人事部長(フレッド・マクマレイ)の仲がこじれ、フランがバドの部屋で自殺未遂事件を起こしてしまうからだ。

さて……というわけで、映画は巧みに作られている。おかしくて皮肉が利いていて、ほんのりと哀愁を漂わせる。これがもっと辛辣で、もっと破天荒な展開を見せていたら、映画史に異彩を放つ怪作となったはずだが、そこまで望むのはないものねだりというものだろう。狂気の笑いにいたる手前でくるりと回転し、きれいに着地してみせるのはワイルダーの得意技だった。だからこそ、彼のコメディはあれだけ幅広い支持を得たのだと思う。

_________________________________________________

アパートの鍵貸します

NHK衛星第2 10月7日(木) 0:45~2:51(6日深夜)

原題:The Apartment
監督:ビリー・ワイルダー
出演:ジャック・レモンシャーリー・マクレーンフレッド・マクマレイ
1960年アメリカ映画/2時間5分

[筆者紹介]

芝山幹郎

芝山幹郎(しばやま・みきお)。48年金沢市生まれ。東京大学仏文科卒。映画やスポーツに関する評論のほか、翻訳家としても活躍。著書に「映画は待ってくれる」「映画一日一本」「アメリカ野球主義」「大リーグ二階席」「アメリカ映画風雲録」、訳書にキャサリン・ヘプバーン「Me――キャサリン・ヘプバーン自伝」、スティーブン・キング「ニードフル・シングス」「不眠症」などがある。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi