井上真央、母の口癖は「調子に乗るな」 : LiLiCoのHappy eiga ダイニング (2)

ホーム > コラム > LiLiCoのHappy eiga ダイニング > 井上真央、母の口癖は「調子に乗るな」
メニュー

コラム:LiLiCoのHappy eiga ダイニング - 第13回

2011年4月28日更新

第13回:井上真央、母の口癖は「調子に乗るな」
対談ゲスト:「八日目の蝉」井上真央

>>前のページから続く

リリコ:(しばし爆笑)……真央ちゃんのキャリアについて何か話したりします?

真央:いえ、特にはないですねえ。仕事の話はもちろんしますけれど、ひとりの女性として、人間としてちゃんとしなさいっていう話が多いですね。「調子に乗るな」とはよく言われます。

リリコ:「調子に乗るな」っていい言葉よね。そして、東日本大震災があって、日本は今、大変な時期ですよね。日本人が「生きる」ことについて考え直している時期なのかなって思います。この映画もそういうテーマですよね。作品を通して伝えたいことってなんですか?

真央:女性と男性、それぞれの立場で違いますが、自分のことを大切に思ってくれている人を大事にしようって改めて思うようになりました。それが親ではなくても、自分を愛してくれている人の存在に、もっともっと気づいて感謝しなければいけないなと感じました。この作品を見た男性の知人が、「母親に感謝した」とか「女性をもっと大事にしなきゃいけないと思った」と感想を伝えてくれると、「おっ、よくぞ見てくれた」って、すごくうれしいです。

リリコ:特に思い入れのあるシーン、セリフはどの辺ですか?

真央:やっぱり最後の「この子が、もう好き」っていうセリフです。台本を読んだときから、このセリフをちゃんと言えるのかなっていう不安がありましたし、監督が「心から言えたら、この映画は成立する」とおっしゃっていたので、プレッシャーもありました。あのシーンでクランクアップだったので、今日で終わるのかな……と思ったりもしました。

リリコ:私はこの映画で、新しい真央ちゃんを見せてもらいました。作品自体、死ぬまで覚えておきますよ。それくらい特別な作品になりました。真央ちゃんにとって、この映画はキャリアのなかでどういう存在になると思います?

真央:私自身も、やっぱり忘れられないですね。撮影中は、「なんでこの役を受けちゃったんだろう」とか「逃げ出したい!」「行くのイヤだ!」「もっと楽しいセリフが言いたい!」と思うこともありました。ただ終わってみると、辛かったことって忘れちゃうものですね。やっぱり、もう一度ああいう経験をしてみたいって思っていたりします。今このタイミングで、こういう役にチャレンジできて良かったです。まだまだ自分にできないことがたくさんあるし、経験すべきことがたくさんあるんだなと痛感しました。調子に乗らずに済んだ作品です(笑)。

これまで「花より男子ファイナル」や「僕の初恋をキミに捧ぐ」などで、明るく元気な少女に扮することが多かった井上。それだけに、未婚の妊婦という役どころを演じるにあたり、並々ならぬ決意をもって撮影に臨んだ。だからこそ、4月18日に行われた完成披露試写会では、中島美嘉が歌う主題歌「Dear」を聞き、あふれる涙を抑えながら感慨に浸った。

リリコ:みんなが新しい目で真央ちゃんを見るだろうし、これからいろんな役がくるんじゃないかな。来年の賞レースはすごいことになるんじゃないかな。私がトロフィーを渡したい!

真央:渡されたい!(笑)

リリコ:私、真央ちゃんの名前を読み上げたいもん。何とかならないかなあ。読み上げる前に泣いちゃうと思うけど。早く公開してほしいですね。待ち遠しいんじゃない?

真央:不安ですよ。試写を見て、昔から応援してくれた方たちが「せつないし、いろんな意味で考えさせられたし、ちょっと寂しい気持ちにもなったけれど良かった」って言ってくれたのが、すごくうれしかったです。ただ、いまだにちょっとの不安はありますよ。

リリコ:さて、最後に3つの質問があるんです。すごい質問でもないんですけど(笑)。何か宝物って持っていますか? どんなに引っ越しても捨てられないものだったり、どんなものでもいいです。

真央:手紙ですね。小さいころから字を書くのが好きだったので、結構筆まめなんですよ。昔、近所に住んでいたおじいちゃん、おばあちゃんがいて、すごくかわいがってくれたんですね。近くに住んでいるのに手紙のやり取りをしていたんです。いまだに続いているんですけど、そのおじいちゃんのひと言っていうのが、私にとってちょうどいいタイミングで「こういうことを言ってほしい」と思うようなことが書かれているんですよ。たまに読み返しています。あとは、お仕事と学業の両立が大変だったときに、担任の先生からもらった「頑張って」という手紙を開いたりすることもありますね。結構たまっていますよ。

リリコ:誰かに言われた言葉で、心に残っているものはありますか?

真央:たくさんあるなあ。こういうお仕事をしているから、自分が人よりも劣っているんじゃないか? 人よりもできないんじゃないか? と思うことってたくさんあるんですよ。悩んでいるとき、ある人が「人と比べてではなく、何年か前の自分、昨日の自分と比べてこれだけ成長したなって思うように」と言ってくれて。一喜一憂してしまうことがあるからこそ、そうだなって感じましたね。

リリコ:最後に……一番好きな映画を教えてください。最近は映画館へ行っている?

真央:最近はDVDが多いなあ。一番好きなのは、ベスト1は決めていないけれど、「パーフェクト・ワールド」が好きです。クリント・イーストウッド監督が大好きなので。あと、寅さんも大好き。渋い人が好きなんです。

リリコ:そうそう、以前、イーストウッド作品を真央ちゃんと一緒に見に行ったのよね。

真央:私の大好きなモーガン・フリーマンが出演している「インビクタス 負けざる者たち」に行きましたね!

リリコ:何がきっかけでイーストウッドが好きになったの?

真央:「パーフェクト・ワールド」は、ケビン・コスナーが格好いいですよね。私は余韻が残る映画が好きなんです。最後にハッピーエンドではなく、考えさせられるような感じでつくるじゃないですか。そこが、たまらなく好きなんですよね。「パーフェクト・ワールド」は、ケビン・コスナーが素敵ですよね。

[筆者紹介]

LiLiCo

LiLiCo(リリコ)。1970年11月16日、スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日し、1989年に芸能界デビュー。2001年からTBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとしてレギュラー出演中。映画俳優へのインタビューをはじめ、「レイトン教授と永遠の歌姫」「シャーロットのおくりもの」などでの声優業、トークイベント、ナレーション、雑誌エッセイなど幅広く活躍している。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
LiLiCoのHappy eiga ダイニング

Jobnavi