私の今年の目標は黒木メイサになること……だった : LiLiCoのHappy eiga ダイニング

ホーム > コラム > LiLiCoのHappy eiga ダイニング > 私の今年の目標は黒木メイサになること……だった
メニュー

コラム:LiLiCoのHappy eiga ダイニング - 第1回

2009年12月4日更新

第1回:私の今年の目標は黒木メイサになること……だった
対談ゲスト:黒木メイサ

TBS「王様のブランチ」の映画コメンテーターとして人気のLiLiCoが、eiga.comに初登場。裏表のない性格のLiLiCoが、旬の俳優・女優から映画に対する思い、プライベートな素顔に至るまでを多角的に展開する対談連載「LiLiCoのHappy eiga ダイニング」。記念すべき第1回のゲストは、押井守監督の最新作「アサルトガールズ」に主演の黒木メイサ。多ジャンルでマルチな才能を発揮する黒木の胸中に、LiLiCoが迫った。

■押井監督はすごくチャーミング(メイサ)

LiLiCo(以下リリコ):はじめまして! 私の今年の目標が黒木メイサになることだったんですよ。コーラショックを飲んでみたけれど、ただおいしいだけで何も変わらなかった(笑)。

黒木メイサ(以下メイサ):やばい、私の居場所が取られちゃう(笑)。

リリコ:さて、主演最新作「アサルトガールズ」は押井監督ワールドでしたね。

メイサ:押井監督の作品を撮影前に何本か見たんですよ。押井ワールドといわれるくらいの、監督にしか出せない空間に入れることがすごくうれしかったんです。ふだんは色々なことに緊張するんですが、今回は監督の世界に入ることに対してのみ緊張していましたね。

リリコ:作品もそうなのですが、ご本人もワールドを持っていますよね。

メイサ:撮影が2週間くらいで終わったので、私もつかみきれませんでした。「監督ってどんな人?」って聞かれても、「分かりません。逆に教えてほしいくらいです」としか答えられません。ただ、会えば会うほどはまりますよ。笑うとすごくチャーミングだし、少年のような表情も見せるし……すごく不思議な魅力をお持ちの素敵な方です。

リリコ:現場ではどんな方でした?

メイサ:監督ってすごい声が小さいから、聞き取るのに必死なんですよ。「監督の世界に入るために一言たりとも聞き逃しちゃいけない!」と思っていたから、冗談を言っていたつもりなのに全然笑えなくて。すごく前のめりになって話を聞いたこともありましたね(笑)

■メイサちゃんのお尻が超格好良い(リリコ)

リリコ:押井さん、最近は女優さんをきれいに撮ることをテーマに掲げていらっしゃいます。ほかの監督とどんなところが違った? 役についての演技指導とかはありましたか?

メイサ:私が舞台出身だからというのもあるのでしょうが、全身を撮ってくれていることがうれしかったです。私のなかで、ドラマやほかの映画では顔のアップが多いっていう印象がありましたから。演技指導というよりも、立ち姿や銃弾の捨て方、アクションの決めの型とか動きに対して指導してくれることが多かったです。

リリコ:そう言われてみると……後ろから撮ったシーン。メイサちゃんのお尻が超格好良くて。もう、うわーって(触るポーズを取りながら)。あんなに格好良いなら、人生の最後にメイサちゃんに撃たれて「わー」って死にたいと思えちゃいましたね。

メイサ:うける(爆笑)。監督も「すごくきれいに撮れた」とおっしゃっていました。でも、私を起用した理由が「生活感がないから」なんですって。うれしいような悲しいような。

>>次のページへ続く

[筆者紹介]

LiLiCo

LiLiCo(リリコ)。1970年11月16日、スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日し、1989年に芸能界デビュー。2001年からTBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとしてレギュラー出演中。映画俳優へのインタビューをはじめ、「レイトン教授と永遠の歌姫」「シャーロットのおくりもの」などでの声優業、トークイベント、ナレーション、雑誌エッセイなど幅広く活躍している。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
LiLiCoのHappy eiga ダイニング

Jobnavi