爆音の始まり : 私を爆音に連れてって

メニュー

コラム:私を爆音に連れてって - 第1回

2010年3月19日更新

音楽ライブ用の音響装置を使い、大音量で映画を見るド迫力かつ新鮮な映画体験が話題を呼んでいる「爆音映画祭」。同映画祭のディレクターを務める映画評論家の樋口泰人氏は、なぜ爆音映画に魅せられたのか? 樋口氏自身の印象に残った上映や作品を振り返りながら、爆音映画の魅力に迫ります。(全3回)

第1回:爆音の始まり

バウスシアターの巨大“爆音”スピーカー バウスシアターの
巨大“爆音”スピーカー
[拡大画像]

映画を爆音で見たいと思ったのはいつのことだったか。具体的なきっかけはいくつかあったと思うのだが、それよりもとにかく身体が音を全身で浴びることを欲していた。耳ではなく身体全体で音をうけとめたい。そんな思いを抑えきれなくなった。

ならば映画ではなくライブに行けばいいじゃないかと思われるかもしれない。だが違うのである。映画館の動かぬ座席にじっと座ったまま目を見開きスクリーンを見つめながら音を浴びる。その動かぬ身体と見開かれたまぶたを音が直撃しそして包み込むとき、何かが変わる。スクリーンと座席との間に広がる空間が変容し、私は一気にその未知なる世界へと引きずり込まれる。そのエネルギーによって更に新たな人生を歩み始められるのではないか。身体は動かぬままなのに、一方でそれは映画と共に宇宙の果てまで飛んでいく、そんな電撃的な一瞬は見ることと聴くことの奇跡的な出会い無しにはあり得ないはずだ。

そんな妄想が広がっていたのかどうか今となっては定かではないのだが、とにかく映画を見ることと聴くことを一気に結びつける装置のようなものを、当時私は夢想していたのだと思う。吉祥寺のバウスシアターならかつてライブもやっていたし何とかならないか。たったそれだけの理由でバウスシアターにライヴ用の音響システムを使っての上映を相談したのだった。当然快諾。バウスもまた、劇場で保有する巨大スピーカーを使っての音楽映画の上映を独自企画していたのである。そして更なる音を、より身体的な音をと、私もバウスのスタッフも俄然盛り上がっていった。通常の上映とはまったく違う爆音仕様の機材セッティングも施されることになった。

樋口氏が一番驚いたというスコセッシ監督の「クンドゥン」 樋口氏が一番驚いたという
スコセッシ監督の「クンドゥン」
Photo:Album/アフロ [拡大画像]

ではそのスペシャルなセッティングで何を上映するのか? 爆音なら当然ニール・ヤングでしょう、ということでまずはジム・ジャームッシュニール・ヤングのツアーを追いかけたドキュメンタリー「イヤー・オブ・ザ・ホース」と、ヤングが音楽を担当したジャームッシュの「デッドマン」の上映を決めたのだった。それだけではちょっと寂しいので、試しにパンクロック映画「ストレート・トゥ・ヘル」とチベット僧たちのお経が気になった「クンドゥン」も上映してみることにした。04年5月1日のことである。

オールナイトでの朝まで爆音。いやあ、すごかった。中でも一番驚いたのは「クンドゥン」だった。フィリップ・グラスの音楽がお経の低音と絡み合って、見ている私の腹の底から脳天へと突き抜けていく。同時に、マーティン・スコセッシ監督特有の神経症的な忙しすぎるカッティングとカメラの動きとがダイレクトに脳へと侵入しぐるぐる回る。まさに、チベット僧たちが作る曼荼羅の世界へまっしぐら、爆音によって別の視覚が覚醒したのである。映画の中に隠された音、作者さえも気づかなかった音の浮上によって、あらゆるものの配置がすっかり変わることを、爆音の中で私は実感した。以降、音楽映画ではない普通の劇映画の激変とこちらの身体の覚醒を求めての爆音探求が始まることになった。

>>「第三回爆音映画祭」(5月28日〜6月12日、東京・吉祥寺バウスシアター)ホームページはこちら

[筆者紹介]

樋口泰人

樋口泰人(ひぐち・やすひと)。映画評論家、爆音映画祭ディレクター。ビデオ、単行本、CDなどを製作・発売するレーベル「boid」を98年に設立。著書に「映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか」 「映画は爆音でささやく 99-09」 、編著に「ロスト・イン・アメリカ」など。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi