現代を生きる日本人よ、「男はつらいよ」を見よ! : 韓国の人がぶっちゃける、made in KOREA

ホーム > コラム > 韓国の人がぶっちゃける、made in KOREA > 現代を生きる日本人よ、「男はつらいよ」を見よ!
メニュー

コラム:韓国の人がぶっちゃける、made in KOREA - 第14回

2012年2月28日更新

現代を生きる日本人よ、「男はつらいよ」を見よ!

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎。人呼んで、フーテンの寅と発します!」

このせりふにピンとこない日本人の方がいらしたら、私は声を大にして叫ぶでしょう。「それでも日本人か!」と(平成生まれならば、仕方ないですね)。日本の大学へ交換留学していた2007年。部屋でひとり熱い涙を流した日々を私は忘れられません。

昔から私は、日本という国にたくさんのカルチャーショックを受け、いろいろと学ぶべきことの多い国だと尊敬してきました。文化水準以前に、人に迷惑をかけない国民意識。職人精神で魂をこめてモノや料理をつくり、昔からの文化がいたるところで守られている国。「暴走族がお守りをつけたまま、初日の出を見に原付を飛ばす」ような、保守的なんだか、フリーダムなんだかよくわからないところも、とても好きです。

しかし外国人の私から見て、日本の国民は親切で丁寧な反面、どこか「冷たい」という印象は拭えませんでした。他人に対して冷たい態度を取っているワケではなく、むしろ丁寧なのに、どこか「さめた壁」を感じる。

私の国・韓国は、どちらかというと真逆かもしれません。“不親切で無礼なくせに、情には厚い”国民性。もちろん、ビジネス面においては、前者の方が賢いのでしょう。しかし、多くの日本人から感じる“迷惑はかけないが、損はしない”国民性と接していると、「少しくらい損をしたって、それによって返ってくる人間関係の価値はより大きいだろうにな」と感じてしまうことがありました。

そんな寂しさを感じていたころでした。私は「寅さん」に出会って、日本ではじめて「人情」を見た気がしました。単なる「ワンパターンの失恋話」が、多くの観客を泣かせ、全48作品という大作として愛され続けたという事実。親切で丁寧どころか、ガサツで、感情的で、細かい計算も出来ないような不器用な男が、「日本一愛される渡世人」になったのです。日本が本当に「情の薄い国」だったならば、「男はつらいよ」シリーズが国民的作品になることはなかったでしょう。

私は作品に感動すると同時に、その事実にも心が温かくなったのです。何に関しても徹底的な日本人が、時間も気にせずにふらりと旅を続ける寅さんに共感し、懐かしみ、涙する。今の時代、この事実を考えることにも深い意味があるのではないでしょうか。

映画の舞台は、今や必需品である携帯電話もパソコンもないアナログな時代。便利で豊かな現代よりも、不便な生活で隣人と助け合いながら共存していた時代の方が、「人と人との情」はよっぽど豊かだったものと思われます。

特に、家族や「元祖・妹キャラ」である桜との再会と葛藤と別れは、毎回名シーンもの。とても美しい日本各地の情景と、カッコ悪いけどカッコ良い寅さんの生きざま。桜がもたらす癒し。不器用でもまっすぐに生きてゆく、正直な生き方へのあつい感動。「まだ見ていない方は、ぜひ見てほしい!」と(外国人なのに)声を大にして言いたいくらいです。

そして、全シリーズに登場した我らが最高のマドンナ「おばちゃん」(故三崎千恵子さん)! 素敵な演技、ずっと忘れません。ご冥福をお祈りいたします。

[筆者紹介]

がっちゃん

がっちゃん。韓国の人。東方神起様様の絶大なる人気に便乗し、持ち前の変態度合いが人様にウケてブログが何だか知らぬうちに物凄い事になってしまったが、(開設1年ちょっとで累計訪問者数3000万?)実際はただの平和主義でマニアックな大学院生。大統領との通訳をしたり、大学の生徒会役員を勤めたりなど、韓国内でもかなり幅広い経歴の持ち主ではあるが、実際は部屋にひきこもってアニメ鑑賞やラジオを聴いてる瞬間が一番心休まる人。東京外大に交換留学してた頃は、貴重な時間を「男はつらいよ」を見ることに全て費やして帰国した人。昭和ヲタク。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
韓国の人がぶっちゃける、made in KOREA

Jobnavi