せっかくの美しさが台無し……女優たちの残念メークアップ : Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー

ホーム > コラム > Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー > せっかくの美しさが台無し……女優たちの残念メークアップ
メニュー

コラム:Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー - 第19回

2015年2月19日更新

【vol.19】せっかくの美しさが台無し……女優たちの残念メークアップ

女性たちの美しさを引き立てる秘密兵器、メークアップ。それはちょっとした加減で、顔全体の印象をガラリと変えてしまうもの。今回は、先日世間をビックリさせたユマ・サーマンをはじめ、せっかくの美しさが台無しになってしまった女優たちの残念メークアップ(メークダウン!?)にスポットをあてます。

◆ユマ・サーマン
画像1 写真:Andy Kropa/Invision/AP/アフロ
Photo by Gary Gershoff/WireImage

主演ドラマ「Slap」のプレミアに出席したユマ・サーマンの老け顔に世界が仰天。アイメークをせずに眉とリップを強調したことで、不自然かつ不機嫌そうな表情になってしまいました。実際、ユマも化粧が気に入らなくてご機嫌ななめだった? メークアップアーティストは新しいメークを“実験”したと言っているけれど、実験台にされたほうはいい迷惑だったはず。それでも、数日後にテレビに出演した彼女は、ナチュラルメークでいつも通りの顔を披露し、「悪く言われたって、いちいち気にしないわ」と騒動を丸~くおさめました。NGメークは真似したくないけど、オトナの対応は見習いたい!

◆アンジェリーナ・ジョリー
画像2 写真:WENN/アフロ
Photo by Jason Kempin/Getty Images

あのアンジェリーナ・ジョリーが、白い粉まみれでレッドカーペットに登場。顔どころかデコルテも真っ白! いつもならその美しさにため息が出ちゃうのに、この日ばかりは苦笑いするしかありませんでした。この白い粉の正体は、「HDパウダー」とか「HDトランスルーセントパウダー」と呼ばれる撮影用のフェイスパウダー。高精度カメラの映像で小じわや毛穴を目立たなくするだけでなく、肌の色を均一にして、さらにはキメ細やかでなめらかな質感にしてくれちゃう魔法のアイテムなんです。が、付けすぎかどうかは、フラッシュを浴びるまでわからないというのが難点。アンジーも、自分の写真を見て絶句していたかもしれませんね。実はこの粉ミス、ユマ・サーマンニコール・キッドマンドリュー・バリモアもやらかしています。最後の仕上げが裏目に出るなんて、なんとも皮肉……。

◆アンドレア・ライズボロー
画像3 写真提供:アマナイメージズ

ア、アナベル人形!? パッチリした青い瞳がきれいなアンドレア・ライズボローが、真っ赤なほっぺたで呪いの人形そっくりになってしまいました。ステージ上でスポットライトを浴びることを計算した白塗り×極赤リップに、至近距離でのフラッシュは禁物です。本当にコワッ。

◆レイトン・ミースター
画像4 写真:Splash/アフロ
写真:Press Association/アフロ

「ゴシップ・ガール」のクイーンBことブレア役で知られるレイトン・ミースターは、ハロウィンでもないのに仮装のようなケバケバ・ゴス系メークで大失敗。「アメリカンイーグル」のオープニングパーティなのに、やたらロックっぽいんです。歌を披露するために気合いを入れたんだとしても、さすがに濃すぎでしょ~。 もともとガーリーな顔立ちなんだから、“きれいなお姉さん”路線のほうが絶対に似合う!

◆キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
画像5 写真:AP/アフロ
写真:Rex Features/アフロ

やりすぎメークでつまずくセレブが多い中、すべてにおいて物足りないキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。いつもはやりすぎなのに、それ完成形ですか? と聞きたくなってしまう中途半端さにガッカリです。メークさんが手抜きしたのか、時間が足りなかったのか。ぼやけたアイラインが、余計にわびしさを醸しだしちゃってます。美しさに磨きがかかることもあれば、美しさを打ち消してしまうこともあるメークアップの威力って、本当にスゴいんですねえ。


[筆者紹介]

政氏裕香

政氏裕香(まさうじゆか)。映画.com編集部でハリウッドの最新情報やセレブのゴシップを日々収集。ミーハー×ギークが高じて2015年に念願のコミコン初参戦。フリーで自動車関連ブログなどの翻訳も。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー

Jobnavi