コラム : 若林ゆり 舞台.com

ホーム > コラム > 若林ゆり 舞台.com
メニュー

コラム:若林ゆり 舞台.com

第62回:「欲望という名の電車」のスタンリー役で名作の真髄に触れた北村一輝の驚き!

2017年12月1日更新
「欲望という名の電車」のスタンリー役で名作の真髄に触れた北村一輝の驚き!

 現代アメリカを代表する劇作家、テネシー・ウィリアムズが、ピューリッツァー賞を受賞した最高傑作。それが「欲望という名の電車」だ。この戯曲がいまも有名なのは世界中の舞台で繰り返し上演されていることに加えて、ビビアン・リーとマーロン・ブランド主演による51年の映画版(エリア・カザン監督)によるところ...「全文を読む」

62件中、1~20件目を表示

筆者紹介

若林ゆり

若林ゆり(わかばやし・ゆり)。映画ジャーナリスト。タランティーノとはマブダチ。「ブラピ」の通称を発明した張本人でもある。「BRUTUS」「GINZA」「ぴあ」等で執筆中。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi