映画ニュース

高畑充希が演じた「理想的な彼女」のオンとオフ すっぴん風&ばっちりメイクな写真公開

 
自宅でのすっぴん風のリラックス
モード(上)とばっちりデートメイク
スタイル(下)
(C)2017「泥棒役者」製作委員会

[映画.com ニュース] 丸山隆平(関ジャニ∞)の単独主演映画「泥棒役者」で、高畑充希が演じている藤岡美沙の新たな場面写真が公開された。すっぴん風のリラックスしたスタイルの美沙が写されており、すでに公開されている、外でのばっちりメイクデートスタイルの写真とあわせ、美沙のオンとオフの姿を比較して見ることができる。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、人気アニメ「TIGER & BUNNY」などの脚本で知られる西田征史が、2006年に作・演出を手がけた同名舞台作品を、西田自身のメガホンで映画化。元泥棒の主人公・大貫はじめが、かつての仲間に脅されて泥棒に入った豪邸で、さまざまな人物に間違われることから巻き起こる笑いを描くコメディ。丸山演じる主人公のはじめと仲良く幸せな同棲生活を送っているのが、高畑扮する美沙だ。

美沙は、真面目で気弱なはじめをさり気なく気遣い、そのうえ料理上手という理想的な恋人。初公開された写真には、メガネ姿で天ぷらを揚げている姿を写したものもあり、お団子にラフにまとめたヘアスタイルのかわいらしさも目を引く。

西田監督とは「とと姉ちゃん」で縁がある高畑だが、丸山との共演は初。顔合わせの数週間後に2人でのシーンを2日間で撮影したが、初共演の丸山は当初ぎこちない様子だったという。しかしシーンを重ねていくうちに、2人の距離感はほどよく縮まっていき、高畑のクランクアップ時には、ほほ笑ましい関係性が築かれていた。

そんな高畑について丸山は、先日行われた公開直前イベントでも「ほぼ初対面でいきなり自転車でデートするシーンとか、高畑さんとの撮影は2日間だったんですけど、3日間一緒にいたような錯覚してました」と恋人としての存在感を絶賛。西田監督も「すごく生っぽい芝居をしているんですけど、セリフ通りなんですよ。台本通りでこの生っぽさは、素晴らしかったですね」と高畑の才能を手放しで称えており、そんな高畑が体現した理想的な恋人・美沙の存在にも注目だ。

「泥棒役者」は11月18日から公開。