映画ニュース

吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、佐藤浩市ら結集「北の桜守」予告編完成!

 
吉永小百合&堺雅人“親子”の葛藤と絆描く予告編

[映画.com ニュース] 吉永小百合が主演する滝田洋二郎監督作「北の桜守」の予告編が、このほど完成した。本作が120本目の出演作となる吉永をはじめ、共演の堺雅人、篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛、笑福亭鶴瓶、岸部一徳ら豪華キャストの出演シーンを切り取っている。

「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとった今作は、北海道を舞台にした「北の零年」(04)、「北のカナリアたち」(12)に続く“北の三部作”の最終章。戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた親子の約30年にわたる軌跡を描く。

1945年、ソ連軍の侵攻によって樺太を追われた日本人女性・江蓮てつ(吉永)は、息子2人を連れ北海道の網走にたどりつく。時は経ち71年、行方知れずの夫を1人で待っていたてつは、アメリカで成功をおさめた次男・修二郎(堺)と再会。札幌で同居することになるが、年老いたてつは戦禍のPTSDに悩まされた末、修二郎の前から姿を消してしまう。

予告編は、PTSDを抱えるてつが「母さんのことは今日限り忘れるの」と胸中を吐露する場面、修二郎が「どんなに貧乏だったか。あの人は、そんななか、俺だけを守ってくれた」と母への思いを告白するシーンなど、親子の葛藤と絆を描き出す。終盤には、修二郎の叫び声とともに、「衝撃の結末」という文字が浮かび上がり、親子に待ち受ける壮絶な運命を予感させる。

なお、演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、てつの心情を象徴的に表現する舞台パートの演出を務めている。「北の桜守」は、2018年3月10日から公開。

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。