映画ニュース

瑛太、“ベストパートナー”新垣結衣への愛が爆発!?「好きです」「大好きです」

 
ガッキーへの愛を爆発させた瑛太

[映画.com ニュース] 卓球を題材にした映画「ミックス。」の完成披露試写会が9月20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ダブル主演を務めた新垣結衣と瑛太、共演の広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、鈴木福、谷花音、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が、上映前の舞台挨拶に立った。瑛太が「見終わった後、こんなにも清々しく爽やかな気持ちになれる作品はなかなかない」と作品の感想を述べると、同調した新垣は「完成した作品を見た時に『好きだな』と感じました。自分が主演した作品として、これから残っていくことが素直に嬉しいと思えたんです」と胸を張っていた。

本作は、恋と仕事に敗れた元天才卓球少女のOL・富田多満子(新垣)が、夢と家族を失い挫折した元プロボクサー・萩原久(瑛太)とミックスペアを組み、全日本卓球選手権大会に出場する姿を描く。新垣は、本作で初共演となった瑛太について「とても落ち着いた方なんですけど、作品に対する思いはすごく熱い。それをまっすぐ伝えてきてくださったので、自分も一緒の方向を見つめてやっていきたいと思わせてくれた」とまさに“ベストパートナー”だったことを明かしていた。

一方「ガッキーとはいつか共演してみたいなと思っていました」と念願が叶った瑛太は、「初めてお会いしたのは卓球の練習の日。(卓球台を前にして)横並びになった時に『これはいけるぞ! 監督、すごい気持ちいいです』とテンションが上がりすぎて、大声を出してしまったんです」と驚きのエピソードを披露。その後も新垣を知るための“スイッチ”が入った瑛太は、綿密にコミュニケーションをとったようだ。やがて、思い出深い日々を振り返っていた瑛太だったが、新垣への“愛”が抑えきれなかったのか、突如「好きです」と告白。そして、新垣から「でも、それは結構前から言ってくれてるよね?」と指摘されると「ああ、そうか。じゃあ大好き」と絶妙な切り返しを見せていた。

劇中で広末とペアを組む佐野は「僕の父が広末さんの大ファンなんです。減量中にお弁当をつくっていただいたことがあったんですが、愛知に住む父から『食べるな! 愛知まで持ってこい!』と言われました」と述懐。一方、広末は佐野との年齢差を密かに気にしていたようで「佐野君はキレがよくて、卓球がどんどん上達していって『私も先輩だし、負けないように頑張らなきゃ』と思っていたんです。でも、年齢を聞いたら驚きの若さで…。本人には内緒でしたけど、親子に見えないように気をつけようと思っていました(笑)」と話し、場内の笑いを誘っていた。

プチトマト農園を経営しながら卓球の大会に臨む落合元信役に扮した遠藤は、ペアを組んだ妻・美佳役の田中について「とにかくパワフルな人。空き時間はスマホを片手にずーっと喋ってます」とぶっちゃけた。「台本は一切見ません。出番直前になると『これってどういう場面だっけ?』と聞いてくる(笑)」と続けると、田中は「私、すごいヒドイ人みたいじゃん!」と大慌て。だが、遠藤は「芝居をさせると本当にすごい」とすぐにフォローを入れて「急に集中してポンッと演技が出てくる。どういう頭の回路になっているのか。天才肌なんですよね」と厚い信頼を寄せていることをうかがわせていた。

「ミックス。」は、10月21日から全国で公開。