映画ニュース

星野源演じる“先輩”&アジカン主題歌がお披露目!アニメ「夜は短し歩けよ乙女」予告

 
星野源が“先輩”を早口で熱演!
(C)森見登美彦•KADOKAWA/ナカメの会

[映画.com ニュース] 森見登美彦氏のベストセラー小説を、主演声優・星野源で劇場アニメ化する「夜は短し歩けよ乙女」(湯浅政明監督)の予告編が完成し、星野が息吹を吹き込んだ主人公・先輩と「ASIAN KUNG-FU GENERATION」による主題歌「荒野を歩け」がお披露目された。

「四畳半神話大系」「有頂天家族」などで知られる森見氏の初期ベストセラー小説を、テレビアニメ「四畳半神話大系」や映画「マインド・ゲーム」を手がけた湯浅監督がアニメーション映画化。所属クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋心を抱く大学生の「先輩」は、「なるべく彼女の目に留まる」ことを目的とした「ナカメ作戦」を実行する日々を送っていたが、個性豊かな仲間が巻き起こす珍事件に巻き込まれ、恋を進展させられずにいた。

2月に都内スタジオで行われたアフレコでは、星野は湯浅監督と積極的に意見を交わし、身振り手振りを交えた演技で「先輩」を臨場感たっぷりに演じた。早口で話す場面や、独特の言い回しが多い作品だが、湯浅監督は「先輩がいました!」と絶賛した。

また、「四畳半神話大系」のオープニング曲も手がけたASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文は、主題歌「荒野を歩け」について「再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。星野源くんにも歌ってほしいです」とコメントを寄せている。

なおキャストは星野のほか、人気声優の花澤香菜、神谷浩史、中井和哉、吉野裕行、諏訪部順一、悠木碧、お笑い芸人の秋山竜次(ロバート)、女優の新妻聖子ら豪華な顔ぶれが結集している。「夜は短し歩けよ乙女」は、4月7日から全国公開。予告編は公式サイト(http://kurokaminootome.com/)で公開中。