映画ニュース

「マクロス」30周年でミュージカル化 ヒロインは「9nine」吉井香奈恵

 
ミュージカル初挑戦の吉井と、ヒロイン・さくらのイラスト(右)
(C)2012ビックウエスト/ザ・ミュージカルチャー製作委員会
Illustrated by HIDARI

[映画.com ニュース] 人気SFアニメ「マクロス」シリーズの30周年プロジェクトとして、ミュージカル「マクロス ザ・ミュージカルチャー」の上演が決定。ガールズユニット「9nine」の吉井香奈恵吉井香奈恵

「マクロス ザ・ミュージカルチャー」は、1982年のシリーズ第1作「超時空要塞マクロス」から30周年を記念して製作される、同シリーズ初のミュージカル。西暦2062年、29番目の超長距離宇宙移民船団「マクロス29(ツーナイン)」では、失われた活気を取り戻すため「ミス・マクロス コンテスト」が開かれることになるが、次期市長の座を狙う青年ヴィーゴがコンテストを利用して策略をめぐらせる。一方、夢あふれる少年から大きく変わってしまったヴィーゴを遠くから見つめる若者アッシュやさくらにも、それぞれの思いがあった。

「マクロス」シリーズでは、「歌」が物語の鍵を握る重要な要素となり、「超時空要塞マクロス」のリン・ミンメイ、「マクロスF」のランカ・リー&シェリル・ノームら、それぞれの作品で「歌姫」となる人気キャラクターを生み出してきた。また、主人公とヒロインを巻き込んだ「三角関係」も伝統で、今回のミュージカルでも「歌」や「三角関係」の要素を盛り込みながら、シリーズを彩ってきた数々の名曲にのせて完全オリジナルストーリーが展開する。

ヒロインのさくら役を務める吉井は、女優の川島海荷川島海荷

シリーズの生みの親である河森正治河森正治