映画ニュース

藤原竜也、人気コミック映画化「カイジ」主演のためパチンコ通い

 
孤高の天才から自堕落な若者へ

[映画.com ニュース] 06年に「デスノート」を大ヒットさせた藤原竜也が、再び人気コミックの映画化に挑む。96年から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載され、コミックが累計1100万部を売り上げた福本伸行の大人気コミックを映画化する「カイジ」で、自堕落な日々を送るフリーターの主人公カイジに扮する。

コンビニのバイトをいい加減にこなしながら、その日暮らしを続けていた26歳のフリーター、伊藤カイジは、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。借金返済のため、人間の心理を巧みに利用した「限定ジャンケン」などの奇想天外なギャンブルに挑むことになったカイジは、自らの力で逆転人生をつかみとろうとする。

「デスノート」では孤高の天才を演じてみせた藤原だが、今回は「年が近く、等身大の役だと思っています。時には小学生のように喜怒哀楽が激しく、ストーリーが進むにつれて成長していくキャラクターなので、難しい役ですが、のびのびと演じさせてもらっています」と演じるカイジについてコメント。ギャンブルそのものは韓国やヨーロッパのカジノで少し遊んだことがある程度という藤原は、役作りのためにパチンコ屋に通い、「初めの3日間は負けていたのが、4日目、5日目に勝つことが出来て、6日目にまた負けてしまいました(笑)」と、身をもってギャンブルの空気を学んだようだ。

監督は、「ごくせん」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などTVドラマのディレクターとしてヒット作を連発してきた佐藤東弥が初の映画監督に挑む。脚本は「デトロイト・メタル・シティ」「ヘブンズ・ドア」の大森美香。すでに10月16日にクランクインし、09年春完成予定、09年全国ロードショー。