新感染 ファイナル・エクスプレス

118分
 

特集

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウィルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いた韓国製サバイバルパニックアクション。ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは妻と別居中で、まだ幼いひとり娘のスアンと暮らしている。スアンは誕生日にプサンにいる母親にひとりで会いにいくと言い出し、ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。ソウルを出発してプサンに向かう高速鉄道KTXに乗車したソグとスアンだったが、直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。そして2人の乗ったKTX101号にも、謎のウィルスに感染したひとりの女が転がり込んでいた。主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれる。韓国のアニメーション界で注目を集めてきた新鋭ヨン・サンホ監督が初めて手がけた実写長編映画で、今作の前日譚となる物語が長編アニメ「ソウル・ステーション パンデミック」で明らかにされている。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

製作総指揮

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 Train to Busan
製作年 2016年
製作国 韓国
配給 ツイン
上映時間 118分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

娯楽の教科書

ネタバレ注意

バッハ。さん

絶望の中で展開する怒涛の人間ドラマが圧巻

ネタバレ注意

ぐうたらさん

感動

急遽みることになって、ドキドキしながら鑑賞。 正直ゾンビ系の映画は苦手で観るのも躊躇したくらいでした。が、観てみたら以外に大丈夫でした!逆にゾンビもそこまでグロくないし、途中感動する場面多数で大...

もちこさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション

日本の映画宣伝は「ゾンビ映画」という売り文句を避ける傾向にある。ジャンルを明示して、客層が狭まるのを恐れるからだ。そこで「感染パニック」などと婉曲な言い回しで煙に巻き、不特定多数の興味をあおる。かつては「トランスフォーマー」シリーズも...

関連ニュース