羊と鋼の森

133分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩たちをはじめ、高校生姉妹、引きこもりの青年、意地悪なバーのオーナーなど、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が、ピアノを弾く高校生姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。監督は「orange オレンジ」の橋本光二郎。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

音楽

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 133分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース