ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

126分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演、「おくりびと」の滝田洋二郎監督のメガホンで映画化。二宮扮する天才料理人が、歴史の闇に消えてしまった幻のレシピを探す過程で、思いがけない真実が明らかになっていくさまを描く。1930年代、日中戦争前の満州国にやってきた天皇の料理番・山形直太朗は、陸軍からの依頼で112品目から構成される伝説のフルコース「大日本帝国食菜全席」を考案する。しかし、そのお披露目の直前、とある陰謀によって「大日本帝国食菜全席」のレシピはいずこかへと失われ、歴史の闇に消えてしまった。それから70年後の現代、一度食べればどんな味でも再現できる絶対味覚「麒麟の舌」を持ちながら、料理への情熱を失ってしまった天才料理人・佐々木充は、中国料理界の重鎮である楊晴明という老人から、失われたレシピを探して欲しいと依頼される。二宮が主人公・佐々木を演じ、山形役の西島秀俊のほか、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、竹野内豊らが脇を固める。企画に秋元康が名を連ね、「永遠の0」の林民夫が脚本を担当。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

企画

製作総指揮

製作

エグゼクティブプロデューサー

コーエグゼクティブプロデューサー

チーフプロデューサー

プロデューサー

撮影監督

撮影

照明

録音

美術

装飾差配

装飾

衣装

ヘアメイク

音響効果

編集

音楽

音楽プロデューサー

助監督

料理監修

フードコーディネーター

特殊メイク造形統括

VFXスーパーバイザー

ポストプロダクションプロデューサー

スクリプター

キャスティング

ラインプロデューサー

製作担当

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 126分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

観た後に幸せを感じました

良作だと思います。スケールやテーマはそれほどの大作ではないです。人間ドラマを丁寧に描く監督ならではの暖かい視点が鑑賞後に幸せな気持ちにさせてくれます。 派手さはないですし、前半の説明調子が多少間...

にのえさん

半年ぶりに映画(^O^)

にのも、西島もそこそこでした。あおいだけはそれなりに演技してたけど、剛、豊とキャストは揃えてるけど勿体ないなぁ〜 感想でした。

イーグルスとジャスと蕎麦が好きさん

にゃんこ映倫

料理があんまり美味しく見えない〜途中から、ああ、こうなるよね、とわかるとこも残念!亞人とこの映画を見たら、綾野剛の凄さがわかるよ。

森永ひろひろさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

二宮和也×滝田洋二郎監督、初タッグ作クライマックスで見せた“至高のきらめき”

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」(11月3日公開)を鑑賞すると、無性にビーフカツレツが食べたくなる。主演・二宮和也がクライマックスでカツサンドを頬張りながら見せた表情に、メガホンをとった滝田洋二郎監督は深い感嘆の声を漏らした。そのワン...

関連ニュース