サバイバルファミリー

117分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。ベテラン俳優の小日向文世が父親役で主演を務め、母親役を深津絵里、息子役を「秘密 THE TOP SECRET」の泉澤祐希、娘役を「くちびるに歌を」の葵わかながそれぞれ演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原案

脚本

スタッフの続きを見る

脚本協力

製作

エグゼクティブプロデューサー

企画

プロデューサー

撮影

照明

美術

装飾

録音

整音

音響効果

編集

VFXスーパーバイザー

音楽

主題歌

助監督

製作担当

プロダクションマネージャー

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 117分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

サバイバル

この今の電気機器ないと生きてけない中でこんなこと起こったら絶対に無理だろな〜 壊れかけた家族の絆深まったし良かった 私は面白かった!

愛純さん

当たり前こそが幸福

この映画は、もし電気が無くなったらどうなるか、町の光景や人々の動向を細かく再現していて、そういう観点では現実味があった。 また、今の現代の人々に必要なことを、笑いや感動を含め分かりやすく訴えてい...

Sugiyamaさん

そこそこ楽しめた

最初は大変なんだろうけど、慣れれば慣れたなりに楽しいんだろうなー。昔の人はこうやって暮らしてたのねと振り返られる映画。

あみさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

小日向文世&葵わかな、過酷だった撮影を通じて深めた“親子の絆”

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督の最新作「サバイバルファミリー」は、「もしも地球から電気がなくなったら」をテーマに、都市機能が麻痺した東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描き出すサバイバルドラマだ。本作の主人...

関連ニュース