22年目の告白 私が殺人犯です

117分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描き出す。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

スタッフの続きを見る

オリジナル映画

製作

エグゼクティブプロデューサー

プロデューサー

ラインプロデューサー

撮影

照明

録音

美術

装飾

編集

音楽

主題歌

スーパーバイジングサウンドエディター

VFXプロデューサー

スタイリスト

ヘアメイク

キャスティング

スクリプター

助監督

警察監修指導

報道番組監修

法律監修

犯罪心理監修

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 117分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

韓国映画のを先に観ていて大筋は知っていたのだけれど、それでも楽しめ...

韓国映画のを先に観ていて大筋は知っていたのだけれど、それでも楽しめました。ガッツリネタバレで知っていたとしても面白い映画。こっちの方が全然良い作品に仕上がってる。人間関係の変更→兄妹なども良アレンジ。

yonda?さん

ドキドキして、面白かった

どういう展開で進むのだろう、どうやって…!とハラハラドキドキしながら観ました。 また切なくなる場面もあり。 心が苦しくもなりました。

はやしさん

何か、ざんねん。

ネタバレ注意

みーさん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース