真田十勇士

135分
 

特集

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

堤幸彦監督と中村勘九郎がタッグを組んで大ヒットを記録した2014年の舞台「真田十勇士」を映画化。関ヶ原の戦いから10年後。真田幸村は天下の名将としてその名を世に轟かせていたが、実際の幸村は奇跡的に運に恵まれ続けただけの腰抜け男で、自分の虚像と実像の差に悩んでいた。そんなある日、幸村は抜け忍の猿飛佐助と出会う。自分の嘘とハッタリで幸村を本物の天下一の武将に仕立てあげることを決意した佐助は、同じく抜け忍の霧隠才蔵ら9人の仲間を集め、「真田十勇士」を結成。亡き秀吉の遺志を継いで豊臣家復権を狙う淀殿に呼び寄せられた幸村と十勇士は、瞬く間に徳川との戦いの最前線に立つことになってしまう。佐助役を中村勘九郎、才蔵役を松坂桃李が舞台版に続いて演じるほか、佐助と才蔵の幼なじみでありながら彼らの命を狙う女忍び・火垂役で大島優子が本格時代劇に初挑戦する。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

スタッフの続きを見る

製作指揮

製作

ゼネラルプロデューサー

エグゼクティブプロデューサー

企画

プロデュース

プロデューサー

撮影

美術

照明

録音

編集

音楽

主題歌

音楽プロデューサー

アクション監督

監督補

助監督

衣装デザイン

装飾

VFXスーパーバイザー

VFX監修

アニメーション監修

音響効果

記録

現場編集

監修

キャスティング

製作担当

ラインプロデューサー

アソシエイトプロデューサー

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 松竹、日活
上映時間 135分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

スカッとしない。

ブームに乗った感じの作品。 真田幸村が使えない設定だが、そこは真逆の方が見ていてスカッとしそう。 大島優子の出番が少なかった。 こんなもんですね。

Katsutonさん

なんか

なんかひどい感じでした。 勘九郎のノリが馴染めない。

walkindudeさん

風格なし

軽い。

カイギョーイさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

中村勘九郎&大島優子が明かす“若者からの目線”と“真田幸村が人気の理由”

2014年に上演されて大ヒットした舞台を、演出を手掛けた堤幸彦監督が自ら映画化した「真田十勇士」が、9月22日から全国公開。舞台版に続いて主人公・猿飛佐助を演じた中村勘九郎と、佐助の幼なじみでくノ一の火垂を演じた大島優子が、新感覚エン...

関連ニュース