カノン

123分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希が姉妹を演じ、母へのわだかまりを抱えたまま大人になった三姉妹が、母の過去をたどりながら、自分たちの傷に向き合う姿を描いたドラマ。金沢の老舗料亭で育った3人姉妹。次女は富山県で教師を、長女は東京で専業主婦、三女は生まれ育った料亭の女将と、それぞれ別の街で日々を送っていた。ある日、祖母の訃報を受け、金沢に集まった三姉妹は、死んだはずの母が生存している事実を知る。心に闇を抱え、アルコール依存症と戦っていた母はアルコール性認知症を患い、娘たちのことがわからない状態となっていた。アルコール依存症と戦う三姉妹の母親役を鈴木保奈美が演じる。監督は「リトル・マエストラ」の雑賀俊朗。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

エグゼクティブプロデューサー

スタッフの続きを見る

プロデューサー

Coプロデューサー

アソシエイトプロデューサー

撮影

照明

録音

美術

編集

音楽

主題歌

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 KADOKAWA
上映時間 123分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

美人女優3人を入口に、現代の社会問題を考えさせる

ネタバレ注意

AuVisさん

セミナーで観ました。

アルコール依存症に関してのセミナーでした。 この病気の辛さや悲惨を十分つたえていましたが、何よりもそこからの回復、家族の癒し、周りの支えなどが伝わったのが良かったです。 演技もみなさん素晴ら...

Momokoさん

多くの人に観て欲しい映画

人間の苦悩と家族の愛情をしっかりと丁寧に描いた映画です。 物語が進むにつれて3姉妹と祖母と母、それぞれの苦悩が徐々に明らかになり、それをお互いの深い愛情で包んで行くという映画です。社会問題とも丁...

ひでさん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース