怒り

142分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

製作

共同製作

エグゼクティブプロデューサー

企画

プロデュース

プロデューサー

ラインプロデューサー

プロダクション統括

撮影

照明

録音

美術

衣装デザイン

ヘアメイク

編集

音楽

主題歌

サウンドエフェクト

スクリプター

キャスティング

助監督

音楽プロデューサー

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 142分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

ドキドキしたい時におススメ!

人間の弱い部分が前面に出ている映画でしたが、見ていて不快になることはなく、考えさせられるような内容でした。また、最後まで展開が読めず、終始見ていて良い意味で不安な気持ちになりました。何かドキドキ...

まことさんさん

なかなか重い

最愛の人を信じることの難しさと信じきることができなかった悔しさと。 松山と宮崎は今後うまくやっていけるのか?‼

はるさん

引き込まれた

映画館にて。 面白かった。 怒りってタイトルは良くわからんけど。 沖縄のストーリーがいい。

カズホソさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

単なる群像劇ともオムニバスとも異なる語り口で、次第に焙り出される残酷な定理

真の悪人とは何かという根源的な問いかけをモチーフにした「悪人」(10)で映画賞を総ナメにした吉田修一原作、李相日監督のコンビによる新作である。酷暑が続くある夏の日、八王子で夫婦殺害事件が起こる。現場の壁面には「怒」という謎の血文字が残...

インタビュー

李相日監督への揺らぐことなき信頼感……渡辺謙×宮崎あおい“父娘”の告白

吉田修一氏の問題作「怒り」が李相日監督のメガホンによって映画化され、大人の鑑賞に耐え得る142分の長編作として完成した。日本映画界を代表するオールスターキャストが結集したことでも大きな話題を呼んだが、映画.comは今作で親子を演じた渡...

関連ニュース

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀助演男優賞 妻夫木聡

ノミネート

優秀作品賞
優秀監督賞 李相日
優秀脚本賞 李相日
優秀主演女優賞 宮崎あおい
優秀助演男優賞 森山未來
優秀助演女優賞 広瀬すず
新人俳優賞 佐久本宝