魔女の宅急便

108分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

宮崎駿監督によるアニメーション映画版が広く親しまれている角野栄子の児童文学「魔女の宅急便」を実写映画化。13歳になった魔女の血を引く少女キキは、掟に従い、一人前の魔女になるため修行の旅に出る。黒猫ジジと一緒にほうきに乗って旅立った彼女は、やがてたどり着いた海辺の町コリコで、パン屋のおソノのもとに居候することに。そこで空飛ぶお届けもの屋「魔女の宅急便」を始めたキキだったが……。主演はオーディションで選出された新人女優の小芝風花。「呪怨」シリーズや「ラビット・ホラー3D」など数々の恐怖映画を送り出してきた清水崇監督が、児童文学の映画化に挑戦。脚本に「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

企画

企画プロデューサー

スタッフの続きを見る

エグゼクティブプロデューサー

プロデューサー

ラインプロデューサー

原作

脚本

撮影

美術

照明

録音

編集

音楽

主題歌

VFXスーパーバイザー

音響効果

衣装デザイン

装飾

アクションディレクター

キャスティング

助監督

制作担当

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

それなりに。

比較して見なかったらそれなりに普通の日本映画でした。でも、あの名作の陰には隠れてしまいますね・・・。 清水崇がこんな映画撮るなんて、こっちの方がホラーです。

ねじまき鳥さん

これじゃない感

ネタバレ注意

小芝風花がはまり役

新井浩文さん観たくて借りたけど、小芝風花の新鮮な演技がすごくよかった。 段々と感情移入し、ひどいCGのカバが出て来なければ泣いてたかも... 好きな台詞は「そんなのみんな魔法に見える」 あとシ...

BAININさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

小芝風花にとって“宝物”になった尾野真千子の無自覚なアドバイス

10数年前、中学3年生でデビューを果たし、いまや日本の映画界に欠かせない存在となった女優は、自身のデビュー当時とほぼ同じ16歳の少女を見つめ、口を開いた。「この年齢だからこそ、この夢のある作品だからこそのキラキラしたものが彼女の姿から...

関連ニュース