かぐや姫の物語

137分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

高畑勲監督が「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999)以来、約14年ぶりに手がけた監督作。日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、「罪を犯したために、この地に下ろされた」とされてるかぐや姫の犯した罪、そして、罰とは何かを描き出す。主人公のかぐや姫役の声優は、映画「神様のカルテ」やNHK連続テレビ小説「てっぱん」などに出演した新進女優の朝倉あき。2012年6月に他界した俳優の地井武男が、作画完成前に声を収録するプレスコ方式で生前に収録を済ませており、かぐや姫を見つけ育てる翁役として声優出演を果たした。宮崎駿監督作品で常連の久石譲が、高畑監督作で初めて音楽を担当。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

製作名代

スタッフの続きを見る

企画

プロデューサー

原作

原案

脚本

人物造形・作画設計

美術

作画監督

塗・模様作画

動画検査

色指定

撮影監督

音楽

主題歌

製作担当

制作

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 137分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

なんとなく

好きなんです。こういう作風。まんが日本昔ばなしを観て育ったからですかね。 最後天人に連れて行かれるシーン、 傀儡のように吸い寄せられる様、 阿弥陀如来の怒りも血も涙も何も感じさせない無機的な不...

映画マンさん

翁の愛が重いww 子煩悩が行き過ぎたあまり子も不幸になる典型的なお...

翁の愛が重いww 子煩悩が行き過ぎたあまり子も不幸になる典型的なお話だった。 子も親もお互いを思い合うのにズレてく姿は悲しく面白い。 後、出てくる男がみんなだめんずで笑えたw

uzumotiさん

色々リンクして泣いた

色々リンクして泣いた

яさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

「誰でも知っている物語」を飽きさせずに見せる演出と表現力

はぁーーあ。観終わった後、思わず深いため息をついてしまった。あまりにも集中していたせいである。まず浮かんだ感想は「ただただ圧倒的」。日本最古の、日本人なら誰でも知っている物語は、なにも斬新な解釈でもって語られ直されているわけではない。...

インタビュー

「かぐや姫の物語」に抜てきの朝倉あき、起用理由は「ワガママな声」

高畑勲監督の14年ぶりとなるスタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」がついに完成した。日本最古の物語文学である「竹取物語」を原作に、かぐや姫が地球に姿を現した理由と、やがて月へ去らねばならなかった波乱の運命を“かぐや姫の罪と罰”という視...

関連ニュース

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート

長編アニメーション賞

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀アニメーション作品賞
優秀音楽賞 久石譲