ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

95分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

社会現象を巻き起こした庵野秀明監督によるオリジナルSFロボットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(1995~96)を、新たに4部作で描きなおす「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ第3作。軌道衛星上に初号機とともに封印されていたシンジは、ミサトやアスカらの手により地上に戻され、目を覚ます。しかし周囲の状況は様変わりし、ヴィレという新しい組織に所属するミサトらは、巨大戦艦ヴンダーを駆使してNERV(ネルフ)と戦っていた。状況が理解できないまま困惑するシンジは、迎えに現れたレイの声に導かれてミサトらの下を去り、変わり果てたNERV本部へとやってくるが、そこで自分が眠っていた間に起こった恐ろしい真実を知ることになる。新キャラクターや新エヴァンゲリオンも登場し、TVシリーズにはなかった新たな物語が展開する。庵野秀明総監督の下、監督に摩砂雪、鶴巻和哉、前田真宏の3人があたる。活動休止中の宇多田ヒカルが新曲「桜流し」をテーマソングに提供。スタジオジブリ製作のミニチュア特撮短編「巨神兵東京に現る劇場版」が同時上映。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

総監督

監督

スタッフの続きを見る

エグゼクティブプロデューサー

原作

脚本

主・キャラクターデザイン

主・メカニックデザイン

画コンテ

イメージボード

総作画監督

作画監督

特技監督

副監督

総演出

デザインワークス

原画

色彩設定

美術監督

CGI監督

CGI監修

撮影監督

編集

テーマソング

音楽

総監督助手

脚本協力

翻訳

アニメーション制作

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ、カラー
上映時間 95分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

迫力ある戦闘シーン、 美しいきかい、 幻想的な世界、 全部が最高級の出来栄えでした

ネタバレ注意

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん

なんというか

ネタバレ注意

守銭奴さん

酷評が多いので期待せずTV版にて鑑賞。 パチンコでしか知らなかった...

酷評が多いので期待せずTV版にて鑑賞。 パチンコでしか知らなかったキャラたちとようやくご対面(笑) アスカは妙な眼帯しとるし、ミサトとは敵対しとるし、わけわからんやん、これ。酷評も当然かなと思い...

はむひろみさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

救いなき展開でファンをどん底に突き落とす庵野の帰還

巻頭に古めかしい東映ロゴが出た時点で不穏な気配を覚えた。今回の配給会社の親会社ではあるが、旧劇場版の配給ロゴが付くのは新劇場版で初めてのこと。たちまち、エヴァ終幕をめぐり熱狂と嫌悪が渦巻いた90年代後半の記憶が脳裏をよぎる。予感は的中...

関連ニュース

関連作品

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

ノミネート

優秀アニメーション作品賞